【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】 その15

655 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/05/22(金) 08:06:48 O

離婚になりそう。
自業自得だ。
嫁さんは大切なのにひどいことをしてしまった。

レス状態だったので、
出会い系で割りきりで一度会ったのが携帯メールからばれたようだ。

今は実家に帰っているがそのまま戻らないだろう。


656 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/22(金) 08:12:11 0

失って初めて嫁の大事さが分かるなんて愚かな人間だ。

いつまでも何をしても嫁は自分についてくるだろうと
高をくくって自分勝手な事をするからだ。




657 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/22(金) 11:31:26 0

なんでレスだったの?
嫁側の拒否?




658 名前:655[] 投稿日:2009/05/22(金) 12:49:04 O

嫁さんの拒否です。

実は半年の子供がいます。
子育てに注力していてそういう余裕が無い時期だったとおもいます。

先日の夜に急に態度が冷たくなり、
誰かとの長電話に家を出ていき一時間程で帰宅。

今まで外に電話しにいくことなど無かったので、
おかしいと思い問い詰めましたが答えずにそのまま寝てしまい
翌日子供を連れて家を出ていきました。

後に長電話の相手は妹さんと判明。
妹さんから聞くと、

「普段から育児や家事を沢山やっていたし本当に大切にしてくれていたのに」

と泣いていた模様。

考えられるのは、携帯の送信メールボックスに残っていた
出会い系で会った相手との待ち合わせまでのメール数件。


普段から「互いの携帯を盗み見るのは信頼関係がなくなるよね」
と言っていた。

それに甘えていたわけではなく、
受信メールや通話発着信履歴はすべて消していた。
送信メールだけは忘れていた。

結局はどこかで信用されていなかったんだろうな。
時間がほしいと言われているがもう戻って来ないと思う。




661 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/05/22(金) 14:05:27 0

レスって、生後半年かよ…。
乳児抱えて一番大事な時期に、旦那は手伝うどころか出会い系って。
そりゃ捨てられるわ。




665 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/22(金) 15:50:25 0

>普段から「互いの携帯を盗み見るのは信頼関係がなくなるよね」

最初から浮気する気マンマンだってみえみえじゃねぇか。
ちょっと怪しけりゃ探られるわ。ざまぁ




660 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/22(金) 12:59:13 0

こんなに簡単にあきらめることができるんだから、
最初から大切でもなんでも無かったんでしょ(;´Д`)




666 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/22(金) 15:52:51 0

おまいにこの言葉を贈ろう

「覆水盆に返らず」




674 名前:655[] 投稿日:2009/05/23(土) 00:08:27 0

655です。
皆さんからのお叱り当然と思っています。

生後半年はまだ子供から目も離せず大変であることも判っていました。
自分の意思の弱さがこういう事態を招いてしまいました。


「時間がほしい、連絡しないでくれ」
と言われているのでそっとしてあります。

実家に行って土下座も考えましたが、
妹さんからは「事態が悪化するのでやめろ」と言われています。

だがこのまま放っておくとこの状態が普通になって
ますます状態が悪化することも考えられます。

連絡が取れるようになったらまずは会ってちゃんと謝りますが
もう修復は無理だと思っています。

謝り倒して謝り倒して誠意見せて、
時間が経っても誠実さを見せ続けたら
「やれやれ、いつか今度浮気したら許さないからね」
と言ってくれる人ではないことは出会ってから今まででもう判っています。
ああ、もう駄目だ、さよならという人です。


今回本当に初めてこうしたことをしてしまいましたが、
器用にできるわけがないとも思っていましたし
会った後すごい罪悪感に駆られ、帰宅後の嫁さんの笑顔を見て
「悪いことをしてしまった」と思いました。

何故それだけ判っていてそれができなかったんだ!
と自分でも思いましたが、
誘惑に勝てなかった自分が悪いだけなのです。




673 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/05/22(金) 23:01:08 0

性病検査しに病院には行ったか?
出会い系なんて病気持った奴がゴロゴロいるぞ

ちなみに655性病になっていたら子供にも病気が移っている場合もある。
赤ん坊に性病が移ったら命に係わる事もあるぞ




675 名前:655[] 投稿日:2009/05/23(土) 00:09:32 0

検査をしましたが
性病にはかかっていませんでした。

もう彼女の信頼も失った今、正当化する訳ではないのですが、
頂いたお叱りのうち幾つか説明だけさせてください。

家の手伝いをあまりしていなかったわけではなく、
家事や子供の世話は、
嫁さんが涙ぐみながら感謝してくれる位やりました。

友人達からの誘いも断り、
会社が終わったらできるだけ早く帰り一緒にご飯を食べて片付けて、
子供を風呂に入れ寝かしつけて片付けをやって、
嫁さんの肩を揉んでやって寝る、というのが日課でした。

見返りとかが欲しいわけではなく、
子供もかわいいし、
嫁さんも大好きだし良く頑張ってくれていたからです。

妹さんとの長電話では、

「本当に平日も休日も自分のことをしないで
育児や家事をやってくれていたのに
どうしてこういうことをしたのかわからない」

と泣いてようです。


携帯を盗み見るのが信頼関係を壊す、
と言う事は私ではなく嫁さんが常日頃言っていたことです。

自分は携帯でミクシィや2ちゃんねるを見ることも多く、
「何いじっているのか」と携帯を見られていることもあるだろう、
との緊張感は持っていました。

器用に浮気を隠すことができないようなタイプの性格なので
注意していたつもりですが、
送信メールだけは消し忘れていました。

もしかしたらどこかおかしいところを
感づいたのかもしれません。


最初からあきらめているし大切ではなかったのか、とのことでしたが
本当に大切でしたし今でも本当に大切です。

今はもう何を書いても、
「じゃあこんなことするな!」で片付けられてしまいますが、
本当に大切にしていました。

嫁さんより綺麗な人やかわいい人は世の中に沢山いるかもしれないけど、
横にいてニコニコ笑っていてほしいただ一人の女性でした。


今日も連絡はありませんでした。

2人がいないと部屋もがらんとしていて寂しいです。
連れて行ってあげたいところも沢山あったけどな・・

自業自得です。




676 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/05/23(土) 00:11:56 0

じゃあ嫁が生活に困らないように死ぬまで仕送りしてやれ



679 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/05/23(土) 00:24:10 0

だっせー男



678 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/23(土) 00:19:26 0

手の打ちようが無いな。



681 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/23(土) 00:28:33 0

まるで発作的に痴漢したオッサンだな。
一時の衝動に勝てなかったタイプやね。

快感3秒罪一生。
人生壊すのに時間はかからないな。




688 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/23(土) 16:54:01 0

出会い系する人って治らないから離婚やむなし。
自業自得。




694 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/23(土) 22:42:56 P

嫁の出産後半年をレスだと言い切り、
出会い系にハマる男はもう病気だろw




741 名前:655[] 投稿日:2009/06/01(月) 05:02:20 O

昨日嫁さんと子供を実家から連れて帰ってきた。

謝ったら許してくれたし、
携帯見たことは本当に悪かったと逆に謝っていた。

もう二度と悲しい目に合わせない。
ありがとうございました。




744 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/06/01(月) 16:18:10 0

そして嫁さんが一生消えないフラッシュバックと付き合って
苦しむ人生がはじまったんですね




743 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/06/01(月) 16:17:36 0

はたして許してくれたのかね?
裏取って捨てたれないようにATMやっとけよ。




749 名前:名無しさんといつまでも一緒[] 投稿日:2009/06/02(火) 07:04:26 0

謝るだけなら猿でも出来るもんねーw
どうせまた浮気するよ。




703 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/05/27(水) 18:29:07 0

チャンスがあれば浮気をしてみたい、と
チャンスがあれば浮気をする、
は全く別

死にたいと思ったことがある、と
死のうと思ったことがある、
くらい違う



  • retweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加